実印は名字でなくてもいい

役所イメージ

実印を登録するときに、やっぱり印鑑といえば名字だよな・・・という考えを持ってしまいがちですから、わりと無難な理由で印鑑を役所へもっていく人も多いものです。

ですが、印鑑=名字という考え方は、おそらく認印のイメージが強いからなんでしょう。
これに限らず、印鑑にはフルネームを使われているものもあれば、名前だけが使われているものもあるのです。

実際に、実印として登録できる印鑑は、名字にこだわる必要はありません。名前のものであっても、書体が登録できるものならばOKなのです。
特に最近の子供は、とても個性的な名前が多いですから、印鑑をつくっておけば、なかなか他の人とかぶることも無くて安心ですしね。

また、女性の場合は、結婚を機会に名字の印鑑が使えなくなってしまうことが多いものです。
男性の場合であっても名字がかわることがありますが、女性が変わるほうが圧倒的に多いでしょう。
せっかくの印鑑が結婚を機会に意味がなくなってしまうとなると悲しいですから、それならば、名前の印鑑をつくって、一生モノとして大事にした方がいいですからね。

サインをする機会も最近では増えて、印鑑の出番が少なくなってきていますから、せっかくつくった印鑑も使われなくて寂しい思いをしているのではないだろうかと考えている人もいるかもしれません。

ですが、利用回数は少なくても、それらは存在することに意味があるのですから、しっかりと大切に保管しておくといいでしょう。

ページの先頭へ