すべて同じ意味

数本の印鑑イメージ

日本では、印鑑を必要とする際には、何種類かの印鑑の中から適したものを選んで使用することになります。
個人であっても、法人であっても、それは同じことで、一人で数本の印鑑を用意しているのが一般的です。

法人の場合は個人よりもちょっと多めに持っていることもありますが、基本的に用途は変わりません。
法人になると場合によっては所属している人も多くなりますから、その分多めに印鑑が必要になるというような考え方でもいいでしょう。

ですが、日本以外の国に目を向けてみれば、印鑑の文化はほとんどみあたりません。
たとえ重要な書類であっても、サインひとつで契約が済んでしまうのです。

簡単な契約でも当然サインです。かといって、印鑑の使い分けのように、サインに書き分けがあるわけでもありません。
重要な書類だからしっかりサインするとか、そういうものでもないのです。

場合によっては、簡単な契約はサササッと手軽にサインをするような人もいるかもしれませんが、普段のサインと違えば、本人が書いたものだというような証明が難しくなりますから、サインの場合は、そのたびに書き分けるようなものではないといえるでしょう。

私達も日ごろ、自分の名前を書くときに丁寧を心がけることはあっても、大きな書き分けを考えているわけではないはずです。

そうなると、サインも実印も認印も、全部同じような意味にも思えてしまいます。
海外では実印だろうが認印だろうが、そんなのはサインひとつでいい!という考え方が普通なのです。

ページの先頭へ