国による違い

実印イメージ

契約書にサインをしたり、サインと印鑑をしたりと、その契約の内容によって、もとめられる対応は異なります。

外国では、これらはすべてサインひとつですんでしまうことが多いものですが、日本では、実印が必要になったり、認印が必要になったりと用途に応じて印鑑を使い分ける必要もあります。
そう考えると、日本の契約の手続きは非常に手間がかかるもののように思えますね。

日本人は手先が細かく、器用だと思われがちです。そのせいか、几帳面ともみられますから、印鑑という文化にふさわしいと考えられるのかもしれません。
手先が細かくないような、大雑把な国の人が小さな印鑑を器用につかう仕草は、あまり想像できませんからね。

特に肉食を好む海外の人は、年配になってくると体自体も大柄になるような地域もあります。
そうなってくると、小さな印鑑を押そうとすれば、かなり難しいはずです。
体が大きい人向けに、少し大きめの印鑑が必要になってしまうかもしれませんね。

現状では印鑑文化は海外に浸透しておらず、日本独自のもののようにも思えます。
しかし一部のアジア地域では、必要とされる機会は少ないとしても印鑑を持っている人はいるようです。
元々、漢字や印鑑の由来は中国あたりから来ているとも言えなくも無いですから、日本人より印鑑文化が根付いていてもおかしくは無いですからね。

今後の印鑑文化、どれだけ海外に浸透するか楽しみでもありますね。

〔WEBサイトのご紹介〕

システム手帳「ダ・ヴィンチ」を格安・豊富なラインナップでご用意
http://www.techouya.com/

システム手帳サイト詳細へ

ページの先頭へ